統計情報可視化システム MESHSTATS

ご紹介

統計情報可視化システム MESHSTATSは国内外の観光情報、政府統計、リスク情報などのデータをもとに観光状態を統合的に分析・可視化するためのプラットフォームを目指して開発をすすめております。

システム利用のための手順は以下の4段階となります。


利用可能な機能

MESHSTATSでは国内の観光セクターの開発、運用で有用と考えられる観光情報、各種政府統計情報、インターネットから収集されるデータを統合して分析できるツールの開発を目指して以下の機能を提供しています。

16機能

システムのスナップショット

研究成果

観光状態の網羅的計量

津波ハザードと社会経済的価値との相関関係

その他の応用の可能性

観光セクターにおいて引き続き開発が可能である箇所の特定、労働生産性の空間的な評価、需要と供給のミスマッチの特徴づけ、輸送能力過不足の特定をデータに基づき行う方法の開発研究をおこなっております。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

受賞

2016年4月4日 STATDASHグランプリ2016においてデータ利活用啓発部門「統計API機能を活用した旅行・宿泊支援アプリケーション」にて敢闘賞を受賞

プロジェクトについて

グローバル・システムの持続可能性評価基盤に関する研究

科学技術振興機構(JST)
平成27年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
ビッグデータ統合利用活用のための次世代基盤技術の創出・体系化

研究代表者:佐藤彰洋(さとうあきひろ)
研究期間:H27年10月~H31年3月

お問い合わせ先:科学技術振興機構 さきがけ研究員 佐藤彰洋 (aki@i.kyoto-u.ac.jp)

(c) 2016 Aki-Hiro Sato, All rights reserved